Blogのページです。

2009/12/3 木曜日

左回りの法則…

Filed under: ミニ情報 — Reiko @ 23:56:42

昨夜仕事をしながらテレビをつけていると、ある情報番組で「左回りの法則」を紹介していました。

例えばコンビニでは、入り口から左回りに、雑誌・飲み物・お弁当…などの売れる商品を配置しています。そのように配置した方が消費者の目に留まりやすく、よく売れるからです。

野球や陸上競技のトラックも左回りですし、確かに公園の池の周りをジョギングする時も、ほとんどの人が左回りに走り、右回りに走る人はあまりいません。

hana_28.jpg car_02.jpg

「人間の体の右側に重い肝臓があるので、重心を取るために自然に体を左側に傾けるからだ」…という説もありますが、左側には心臓や大きな胃もあるので、それが理由だとは思えません。

ハッキリした原因はわかりませんが、目の前の道が二手に分かれていて、目的地までの距離や条件が同じだとすると、ほとんどの人は「左側」を選ぶそうです。

その方が「気持ちがいい」からです。

091130.jpg

逆に右回りをすると「違和感がある」「何となく気持ちが悪い」…という性質を生かして、わざと右回りにしている「お化け屋敷」や「ミステリーツアー」もあるとか…。

考えてみると確かに不思議ですよね。

昨日の朝…

Filed under: 近況 — Reiko @ 0:19:41

昨日の朝のことです。
顔を洗おうと階下に下りて行くと、主人が神妙な顔で立っていました。
「今日、女の子(女性のアシスタントさん)来る?」

昨日締め切りの仕上げが少し残っていたので、3~4人来ることになっていました。
「来るけど…何?」
「いや、鳥の死骸を何とかしてもらおうと思って…」

鳥の死骸…?
時代劇のカラー原稿を同時進行で2本進めているので、男の人たちだけでは手が回らなくなり「鳥の死骸の絵を誰かに描いて欲しい」という話なのだろう…と解釈しましたが、ちょっとふざけた回答をしてやろうと思いました。

hana.jpg yakisoba.jpg

「何とか…って、死んだ鳥を生き返らせて欲しいってこと?」
「いや、それは無理だろう…。その…死骸を埋めるとか、何とか始末して欲しいんだ」

主人の話によると、朝方の5時半頃、寝ていたソファの足元で「ドーン!」という、すごい音が聞こえたそうです。

こんな朝早く誰も外を歩いていないだろうに、いったい何の音だろう…と外に出てみると、窓の下でウグイスのような小鳥が、ピクピク…と羽を僅かに動かしてひきつっていたそうです。

仕事中いつの間にか寝てしまい、机のスタンドが点いたままだったで、おそらくその灯りを目指し、窓に激突したのではないか…と言うのです。

「可哀想に…。あの音ではおそらく死んでいる。でもその死骸を、俺も下の男の子たちも始末することが出来ないと思う」

200912021912000.jpg

そこへ、いつも他の人よりの30分早く来るアシさんがやってきたので、話をして窓の下に2人で行ってみました。

…でも、そこには鳥の死骸は無く、鳥のフンがひとつ落ちていただけでした。
「死骸など無かったよ。フンがひとつ落ちてただけだよ」

「そうか…。じゃあ気を失っていただけで、気がついてどこかに飛んで行ったのか…。ああ良かった…。きっとショックでフンが出てしまったんだろうな。どこかでタンコブをつけて飛んでいる鳥を見かけたら、よろしく言っといてくれ」

よろしく…って。
本当にこの人は漫画家になるために生まれてきたんだな…って、つくづく思いました。

HTML convert time: 0.173 sec. Powered by WordPress ME